陳家太極拳は各派太極拳の源流であり、母拳と言われています。  その起源には色々諸説があり、どれも
 確証を得るには至っていません。  明らかな事は、河南省温県常陽村 「陳家溝」 に居住する陳姓の一族の間
 で、古くから武術訓練が行われていたと言う事です。  太極拳と言う名称は、近代になって命名されました。
 太極拳と聞くと、開始から終了まで呼吸に合わせてゆっくりと行う演武をイメージしますが、源流の陳家太極拳
 は、ゆっくりとした動きの中に、時には激しく力強い動きがあり、旋風脚等の跳躍技も含まれています。
 陳家太極拳の最大の特徴は、豪快な発勁と纒絲勁にあります。


   長い間、陳家門外不出であった太極拳は、第十四世の 陳長興 「1771 〜 1853」 の時に、陳家の経営
 する薬材店で雇われていた 楊露禅 「河北省永年県」 に伝承されました。  楊露禅はその後、北京に出て多く
 の人に教授したので、太極拳は大いに広がりました。  楊露禅の太極拳を一般的には楊家太極拳と言います。
 楊家太極拳は親子三代に渡って改変されて、現在の様なゆっくりとした太極拳となっていますが、楊露禅の伝え
 た太極拳は、跳躍技も含んだ陳家太極拳 其の物であった事が、史書等から明らかになっています。
 楊家太極拳の最大の特徴は、柔らかく丁寧な抽絲勁にあります。


   一般に知られた太極拳は多くの種類を生みました。  「陳家太極拳」、 「楊家太極拳」、 「武派太極拳」、
 「呉派太極拳」、 「孫派太極拳」などが良く知られています。  現在の太極拳は表演競技としての趣が強い
 ですが、本来は、最強の部類に入る武術なのです。

直方市市民体育センター
(福岡県直方市山部599-2)
17:00 〜 19:00
                        詳細はこちら
   五行養身武館では、表演系として教授しています。
 規定套路や兵器部門套路などの他に、太極理論や用法解説等、
 初めての方でも理解し易いように考えられています。
 当教室の特徴は、太極扇や長穂剣等、他では見られない套路
 などが習えます。
 * 武術を目指して居られる方は、 功夫専科 の方も是非お読み下さい。