散打は、武術関係としてより、スポーツ競技として其の名を知られる様になりました。  一般的には格闘技
 と言う認識です。  中国でも、毎年 散打の全国大会が開かれており、かなりの盛況振りだと聞いています。


 しかし、散打とは 本来、中国武術各門派が実戦を想定し、自門派の技法を理解する為に行われる練習方法の
 ひとつで、例えば、太極門であれば、太極拳で実戦を戦う為の練習方法と言えます。  空手で言う所の、組手
 に相当します。  「散手」「対練」「対打」 名前は違っても、武術門派ならば必ず存在するものなのです。


   中国武術の伝承形態はその特異性 「拝師制度等」 から、学生と弟子では習う技法が違ってきます。
 散打をやれるレベルにあると言う事は、師にその武徳を認められた証拠だと聞き及んでいます。

感田小学校体育館
(福岡県直方市感田1160)
19:00 〜 21:00
                        詳細はこちら
   五行養身武館では、個人の習得状況に合わせて教授されます。
 打撃の基本から理論、基本的身体作りからそのノウハウまで余す事無く
 習う事ができます。  また、太極散打があるのも、当教室の特徴です。
   散打教室に限って、ボクシングテクニック等、総合格闘の要素も
 取り入れて教授されています。  他の教室と並行して学ばれると、
 より深く武術を理解できます。
 * 武術を目指して居られる方は、 功夫専科 の方も是非お読み下さい。