このページはBGMが流れます このページはBGMが流れます このページはBGMが流れます
 
    古代中国において「不老不死」は永遠のテーマであり、その強い憧れは地丹法と呼ばれる「練丹術」を編み出しました。
  練丹術は、後に「錬金術 (金属加工技術)」と「練気術 (採薬を練気から取り出す技術)」に発展して行きます。
  この練気術は、三国時代に神医と称された「華陀」に依って考案された "五禽戯" と呼ばれる導引法と融合し、吐納
  導引の法として更に発展しました。 これは、 道家 及び 民間 へと伝承され、道家のものは「仙道、神仙術」と呼ばれ、
  民間のものは「吐納導引術」と呼びました。 近代になって「吐納導引術」は「気功術」と呼ばれる様になり、「養生気功」や
  「武術気功」として発展し現在に至っています。    最近では、日本の医療現場からも注目され、リハビリ等において
  「太極拳」や「太極気功」を導入し効果を上げています。  本教室で教授される「太極気功」は「養生気功」に属し、その
  取り組み易さが人気と成っています。
                             毎年4月に受講生を募集します。
                                        * 最新の研究により「吐納導引術」は ”漢” の時代には、既に確立していた事が明らかになりました。
              太極気功    三才五行気功 (相生 相克 相和)


              揉球功法    九宮式
                        站椿功
                        行椿功
                        単揉球
                        双揉球


              太極混元球   五功   八法   単操式



      :: 気は血流に沿うと言われ、気の集まる所には血流も集まります。  練気に依る壮健効果を得る為には
         全身を巡る血流が常に正常でなければ成りません。  そこで、下肢から上肢へ血流を戻す「脚に依る
         ポンプ運動」の強度が必要になります。  この為に 「馬歩」 等の下肢を鍛える練習が行われるのです。